通信制高校の学費を公立と私立で比較

こんにちは。札幌市在住の鈴木です。

ここまで、通信制高校に入学するメリットや、通信制高校を選ぶ際のポイントをお伝えしてきましたが、本日は、通信制高校を選ぶ際のポイントの一つである「学費」について詳しく見ていこうと思います。

まず、はじめにも紹介しましたが、通信制高校も全日制高校と同じように、公立と私立があります。公立の通信制高校は基本、都道府県に1校以上あって、運営は地方自治体が行っています。

イラストAC

私立の通信制高校はというと、学校法人や企業が運営しているのが一般的です。何故ここで、公立と私立の説明をしたかといいますと、公立と私立とでは学費が大きく違ってくるからです。

 

公立と私立の学費を入学金と授業料で比較

それでは、公立の通信制高校と私立の通信制高校の入学金と授業料を比較しながら学費について詳しく解説していきましょう。

以下は、公立と私立それぞれの入学金と授業料になります。なお、リストの数値については、公立も私立も一般的な入学金と授業料の平均値となります。

公立と私立の入学金・授業料

入学金 授業料
公立 500円 336円/1単位
私立 2万~5万円 8,000~10,000円/1単位

公立の通信制高校の場合、都道府県によって学費はそれぞれ変わってきますが、基本的な学費の内訳をみると、「入学金」、「授業料」、「諸費用」となっていて、金額にそれほど大きな開きはありません。

次に私立の通信制高校ですが、基本的に公立と同じ学費の内訳となっていますが、上記の料金はあくまでも目安であって、入学金や授業料は学校ごとに大分異なってきます。

諸経費についても、入学する時期や受講するコース等によって大きく変わってきますので、詳しくは資料を確認するようにしてください。

 

受講する単位数で授業料は計算される

通信制高校は、最低3年間で74単位を取得することが「卒業の資格を得る条件」となります。

なお、授業料ですが、1単位あたりで計算するカタチになります。例えば、1単位あたり、1万円の受講料の私立の通信制高校で、1年目に25単位を受講した場合、

10,000円×25単位=250,000円

が必要になってきます。

ここまで見てきたように、通信制高校の学費は公立と私立とではかなり違ってきます。

とはいえ、学校を選ぶ際は学費だけをみて選ぶのはおすすめできません。はじめに紹介したように、サポート体制や学べる内容など、自分にあった学校選びをすることが重要といえます。

通信制高校へ入学するメリット

イラストAC

こんにちは!札幌市の鈴木です。

本日は、通信制高校へ入学するメリットを紹介していこうと思います。通信制高校は、「単位制」という仕組みから、全日制高校とは違ったところが多いです。

そのため、メリットを見ると、基本的には全日制高校にないものになります。メリットを紹介する前に、単位制について少し説明させてもらいます。

単位制とは、決められた登校日に学校に通い、スクーリングで授業を受けたり、レーポートや課題を提出することで単位し、決められた分だけ習得することで卒業資格を得られる仕組みです。

それでは、通信制高校に入学するメリットをみていきましょう。

 

自由な時間が多くとれる

まず、大きなメリットといえるのが、全日制高校と比較して、自由な時間が多くとれるところです。

上記でも説明したように、通信制高校では、月2回~8回程度のスクーリングとレポートの提出行うわけですが、基本的にこれ以外の時間はフリーです。

アルバイトをするもよし、自分の趣味に没頭することもできるわけです。

そのため、時間が不規則な仕事をしていて、定期的に学校に通うことができないといった人でも、通信制高校なら高校卒業の資格を取得することができるのです。

自己管理は必要になってきますが、普段は自宅での学習ですので、自分のペースで勉強を進めることができるのもある意味メリットといえるかもしれません。

 

学費が格安

そして、全日制高校と比較して、学費が安いというのもメリットのひとつです。

通信制高校も公立と私立とでは学費に違いがありますが、公立の通信制高校の学費は格安なところだと、3年間で15万円程度というところもあります。

私立の場合は、専門コースなどがあるかによっても変わってきますが、安い学校では年間で40万円程度となっています。

なお、高校就学支援金を利用する場合などは、負担する金額が大分変わってきます。そういった場合は、学校に問い合わせて確認することをおすすめします。