通信制高校の学習方法について

こんにちは。札幌市在住の鈴木です。だいぶ更新が滞っていましたね(汗)…。

本日はちょっと気合を入れて、通信制高校の学習方法について紹介していこうと思います。

通信制高校というのは、学校が定めた回数のレポートを提出し、単位認定テストと呼ばれる定期テストを受けるというのが基本となっています。

間違った箇所は先生から添削してもらい、合格基準に達していない場合はレポートの再提出を行い合格することで卒業に必要な単位を取得することができます。

その他に、スクーリングと呼ばれる学校へ登校する日に、直接先生から指導を受ける授業や体験型の授業(スポーツなど)もあります。


イラストAC

そして、3年以上在籍し、74単位以上の修得、30単位時間以上の特別活動(授業以外のホームルームや学校行事)に参加することで卒業の資格を得ることができるのです。

通信制高校は基本、自宅学習がメインになりますが、スクーリングの回数が多い学校も中にはあります。まず、入学すると、学校から教科書、DVDやレポート用紙が送られてきます。

レポートには各教科の問題が予めプリントされていて、単位ごとに自宅で学習した範囲やスクーリングで学んだ範囲から出題がされています。基本的にほとんどが穴埋め形式となっていて範囲外からはまず出題されることはありませんので、難易度は低めといえます。

また最近では、ネットの動画で授業内容を配信したり、タブレットやスマートフォンのアプリで学習できたり、レポート作成から送付までアプリやネット内で完結し、学習⇒テスト⇒提出の流れがスムーズに行える学校もあります。

気になるレポートの枚数ですが、最短の3年で卒業するためには1年間で50枚から100枚提出が必要になります。3年間で150枚から300枚と聞くと多く感じるかもしれませんが、3日で1~2ページ、所要時間は1枚につき長くても1時間ほどなので、計画的にすすめればそこまで大変な量ではないです。

なお、1人でスケジュール通りに進めることが困難な人には、スクーリングが多い通学型の学校か、サポート校に通うという選択肢もあります。この辺りは通信制高校を比較する際のポイントのひとつともいえます。

通信制高校を比較する際のポイントについては、「 通信制高校 札幌 」というサイトで分かりやすく紹介していますので是非参考にしてみてくださいね。

少し話がそれましたが、スクーリングは直接先生が指導してくれるので、勉強でわからなかった点をすぐに聞くことができますし、勉強の進め方や進路の悩みなど相談することもできます。

また、サポート校は通信制高校の塾のような役割なので単位は取得できませんが、卒業までのスケジュールやメンタル面、生活面など、幅広くサポートしてくれます。

そして高校に通いながら、専門資格が取得できるのも魅力の一つといえます。どちらも金額的に少し高くなってしまいますが、同じ目標を持った生徒が集まるので、勉強以外の学びも得られるかもしれません。

通信制高校の学費を公立と私立で比較

こんにちは。札幌市在住の鈴木です。

ここまで、通信制高校に入学するメリットや、通信制高校を選ぶ際のポイントをお伝えしてきましたが、本日は、通信制高校を選ぶ際のポイントの一つである「学費」について詳しく見ていこうと思います。

まず、はじめにも紹介しましたが、通信制高校も全日制高校と同じように、公立と私立があります。公立の通信制高校は基本、都道府県に1校以上あって、運営は地方自治体が行っています。

イラストAC

私立の通信制高校はというと、学校法人や企業が運営しているのが一般的です。何故ここで、公立と私立の説明をしたかといいますと、公立と私立とでは学費が大きく違ってくるからです。

 

公立と私立の学費を入学金と授業料で比較

それでは、公立の通信制高校と私立の通信制高校の入学金と授業料を比較しながら学費について詳しく解説していきましょう。

以下は、公立と私立それぞれの入学金と授業料になります。なお、リストの数値については、公立も私立も一般的な入学金と授業料の平均値となります。

公立と私立の入学金・授業料

入学金 授業料
公立 500円 336円/1単位
私立 2万~5万円 8,000~10,000円/1単位

公立の通信制高校の場合、都道府県によって学費はそれぞれ変わってきますが、基本的な学費の内訳をみると、「入学金」、「授業料」、「諸費用」となっていて、金額にそれほど大きな開きはありません。

次に私立の通信制高校ですが、基本的に公立と同じ学費の内訳となっていますが、上記の料金はあくまでも目安であって、入学金や授業料は学校ごとに大分異なってきます。

諸経費についても、入学する時期や受講するコース等によって大きく変わってきますので、詳しくは資料を確認するようにしてください。

 

受講する単位数で授業料は計算される

通信制高校は、最低3年間で74単位を取得することが「卒業の資格を得る条件」となります。

なお、授業料ですが、1単位あたりで計算するカタチになります。例えば、1単位あたり、1万円の受講料の私立の通信制高校で、1年目に25単位を受講した場合、

10,000円×25単位=250,000円

が必要になってきます。

ここまで見てきたように、通信制高校の学費は公立と私立とではかなり違ってきます。

とはいえ、学校を選ぶ際は学費だけをみて選ぶのはおすすめできません。はじめに紹介したように、サポート体制や学べる内容など、自分にあった学校選びをすることが重要といえます。

通信制高校へ入学するメリット

イラストAC

こんにちは!札幌市の鈴木です。

本日は、通信制高校へ入学するメリットを紹介していこうと思います。通信制高校は、「単位制」という仕組みから、全日制高校とは違ったところが多いです。

そのため、メリットを見ると、基本的には全日制高校にないものになります。メリットを紹介する前に、単位制について少し説明させてもらいます。

単位制とは、決められた登校日に学校に通い、スクーリングで授業を受けたり、レーポートや課題を提出することで単位し、決められた分だけ習得することで卒業資格を得られる仕組みです。

それでは、通信制高校に入学するメリットをみていきましょう。

 

自由な時間が多くとれる

まず、大きなメリットといえるのが、全日制高校と比較して、自由な時間が多くとれるところです。

上記でも説明したように、通信制高校では、月2回~8回程度のスクーリングとレポートの提出行うわけですが、基本的にこれ以外の時間はフリーです。

アルバイトをするもよし、自分の趣味に没頭することもできるわけです。

そのため、時間が不規則な仕事をしていて、定期的に学校に通うことができないといった人でも、通信制高校なら高校卒業の資格を取得することができるのです。

自己管理は必要になってきますが、普段は自宅での学習ですので、自分のペースで勉強を進めることができるのもある意味メリットといえるかもしれません。

 

学費が格安

そして、全日制高校と比較して、学費が安いというのもメリットのひとつです。

通信制高校も公立と私立とでは学費に違いがありますが、公立の通信制高校の学費は格安なところだと、3年間で15万円程度というところもあります。

私立の場合は、専門コースなどがあるかによっても変わってきますが、安い学校では年間で40万円程度となっています。

なお、高校就学支援金を利用する場合などは、負担する金額が大分変わってきます。そういった場合は、学校に問い合わせて確認することをおすすめします。

通信制高校を選ぶ際のポイント

イラストAC

こんにちは、札幌市在住の通信制高校を卒業した鈴木といいます。

今日から、通信制高校についての情報を配信していきたいと思います。このブログを始めようとしたきっかけは、通信制高校に興味がある人の少しでも参考になればという思いからです。

現在高校生の18人に1人は通信制高校に通っているといわれていますからね。それだけたくさんの生徒が通信制高校を選んでいるわけですし、通信制高校に興味がある人は是非参考にしてください。

まずはじめに、全日制の高校ではなく、通信制高校を選ぶ理由ですが、

「全日制の高校で卒業できず辞めてしまったが、高校を卒業したいと思った」
「高校進学以外にやりたいことがあるため全日制では両立が難しい」などなど、

いろいろな理由があると思いますが、その理由によって自分に合う通信制高校は変わってきます。そこで今回は、どのようにして通信制高校を選べばいいのか?そのポイントを紹介しようと思います。

 

比較するポイント

イラストAC

まず、比較するポイントで重要になってくるのが学費です。そして通信制高校の学費で差が出てくる最も大きな部分は「私立か公立か」です。

通信制高校も全日制と同じように、公立よりも私立の方が授業料は高くなります。公立の学費を見ると3年間で15万円前後、私立は3年間で45万円以上と、費用に3倍くらいの差があります。

次に、通学範囲も選ぶ際の重要なポイントのひとつになります。通信制高校では、通学できる区域を「広域」と「狭域」に分けています。

広域の通信制高校は、基本的に全国の生徒を募集対象としています。狭域の通信制高校は、高校が所在する都道府県の生徒を中心に募集しています。

私立の通信制高校は広域が多く、高校のほかにスクーリング会場があったりするので、県外の生徒も募集対象にしているわけです。

ただ、通信制高校でも20日程度のスクーリング(学校で授業を受ける)が必要なところが多いので、あまり無理の無い距離の高校を探すのをおすすめします。

この2つを考慮した上で、その他にも、登校頻度をはじめ、サポート体制、学べる内容、さらに、入学時期や転籍も選ぶ際にはチェックしたいところです。

なお、学校のサイトやインターネットで調べても不明な点がある場合は、積極的に資料請求を行ったりして学校のことをよく分析し、自分にあった学校かを見極めるようにしましょう。